2017年7月2日日曜日

『HSP』の話、その3…私には、苦手なことがいっぱい。




ほんとうは、もっといろいろなことをしてみたいと思うのです。
お茶に招きたい友人もたくさんいるし、お出かけでもっといろんな所に行ってみたい。いろんな人に会いたい。いろんな経験をしてみたい。

でも、私にはそれができない…少なくとも今は、無理なことだと、自覚しています。

嫌なことならまだしも、楽しいことでも決まって体調を崩し、寝込んでしまう…ずっと、なぜだろうと思っていましたが、それも自分の特性だったのです。

その特性こそが、『HSP』。
=Highly Sensitive Person
=高度に敏感な人

・・・

『HSP』は、精神疾患でもスピリチュアルな用語でもない、近年、医学的・科学的に研究が進んでいる分野。

自分のことをとことん掘り下げ、『HSP』という分野に出会ってから、「私には、人一倍苦手なことが多いのでは」ということに気づきはじめました。

音、におい、光、色彩、肌触り…それらに敏感に反応する体質の私には、ちょっとした刺激が、過度なストレスとなってしまうようです。
特に、音と匂いに関しては、敏感さが突出していると思います。

これまで、ちゃんとわかっていませんでしたが、あらためて挙げてみると、私にとっての苦手なことは、ほんとうにたくさんあります。
人ごみ、バスや電車などの公共交通機関、外泊(旅行やキャンプ)、温泉や銭湯、パーティー、映画館、お祭り…(変わったところでは、古着や古本、コンディションによって古道具も…匂いが苦手なのです)。

「行くことができない」のではないのですが、とにかく、人一倍疲れてしまいます。思い返せば、若い頃から。
それは、帰宅後に倒れこんでしまうほどでした。
そして、家族に迷惑をかけたり、その後に予定している友人知人との約束を反故にしてしまったり…

素敵な友人知人たちがお誘いしてくれる、魅力的な催しの数々。
でも実は、それらに参加して楽しむことさえも疲れるのだ…とわかってからは、できるだけお断りするように、回数を減らすようにしていましたが、ここにきて、さらに外出を控えています…。

人と同じことができないということ。できる限り刺激を受けずに生活しなくてはならないということを、ようやく受け入れるようになりました。

・・・

『HSP』。これが、これからの私の人生のテーマになりそうな予感がしています。

上記に挙げてきた、知覚的な敏感さだけではなく、対人関係における敏感さも含まれていて、olioliで出会った方々の中にも、『HSP』と思しき方が、何人もいます。
5人に1人、決して珍しい特性ではないのですから。




0 件のコメント:

コメントを投稿