2017年6月12日月曜日

IKEAで見つけた?「私らしさ」。




久しぶりの外出は、立川のIKEAまで。
新生活がはじまり、毎日「巣作り」をする中、足りないもののお買い物に行ってきました。

来客のためではなくて、自分たちの暮らしのためだけに、モノを選ぶ…。
上手く伝わらないと思いますが、これが、今までのモノの見え方と、まったく違うのです。
新しい世界の扉が開くようなワクワク感…興奮しすぎて、途中から重い頭痛が。
このところ多いなぁ…この頭痛。



IKEAのミートボールも食べたかったのです。マッシュポテトとコケモモのジャムの組み合わせが好きで。
シナモンロールは、夫と「北欧っぽい食感だね」…
何て言うか、硬くてぽそっとしてて、日本の、優しくて食べやすいパンにはない、オラオラ感だね…
これが嫌なら食べるのやめときな!みたいな…
と、あーでもないこーでもない言いながらの、しみじみ楽しいランチ。

・・・

お目当のものを買い終わって、レジを出て、甘〜いソフトクリームを食べていたら、背後から赤ちゃんの泣き声が…。

ベビーカーに乗った赤ちゃんが、お母さんの気を引きたくてグズグズ。お母さんはと言えば、一人でお買い物に来たのか、大きなカートに乗せた荷物に四苦八苦…。
そのうち、手を止めて赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃんはすっと泣き止んで満足そうにしていたのですが、「あー困ったなぁ」というお母さんの顔が見えて…
声をかけてあげたいなぁと思いました。
でも、何て声をかけたらいいんだろう…もやもや。

そうこうしているうちに、私たち夫婦はソフトクリームを食べ終わり、何となく歩きはじめてしまって、後ろ髪ひかれる思いでエレベーターに乗りました。

いいのかなぁ…でも…うーん、やっぱり気になる…。
気になるよね、そうだね、だから、自分たちの荷物を車に積んだら戻ってみよう、「お荷物運ぶの手伝いましょうか?」って、声をかければいいんじゃない?…うんうん、そうしよう!
…ということになり、急いで荷物を積んで戻ったのですが、時すでに遅し。
親子はもういませんでした。

残念…もうちょっと機転が効けばなぁ。お母さん、大丈夫だったかなぁ。

でも、その直後に、頭の中で電球が灯るようにパッと思いついたことがありました。

私は、親子の手助けをしたいとolioliをはじめて、でも結局は、イベントスペースだなんて荷が重すぎてできなかったけれど、こうして日常生活の中で、小さな手助けをしていけばいいんじゃないかって。むしろ、それが私らしい手助けなんじゃないかと、思ったのです。

足元から一歩ずつ、小さなことを積み重ねていく。
そうそう、それこそが、私なんだよね。
…こうやって毎日、「自分らしさ」を発見しています。
そして、毎日を穏やかに、健やかに過ごしています。




0 件のコメント:

コメントを投稿