2017年5月27日土曜日

第二関門。




メール、ありがとうございます。
涙ながらに、読ませていただきました。

今はまだ、自分を整理することにいっぱいいっぱいで、お一人ずつに想いを馳せ、お返事を書くことができませんが…必ず、ご連絡させていただきます。
この場で、心からの感謝をお伝えします。

・・・

抗うつ剤の離脱症状で、体が思うように動かない中、夫が家事を手伝ってくれています。
「横になっていていいからね」と気遣ってくれることが、とってもありがたくて…
そう、ありがたくて、申し訳ない気持ちでいっぱいになるのです。

夫の負担を減らしたくて、無理に動こうとしますが、気力ではどうにもならず、結局ぐったり…。情けなさに涙が出ます。

家族の生活の脚を引っ張る罪悪感…自分を責め、消えてしまいたくなる。
酷い時は、外の栗の木をぼんやり眺めては、どの木に縄をかけようかなんて、考えてしまう。

そんな時、母と話をすると「今は休んでいいんだよ。甘えていいんだよ。大丈夫、大丈夫…」
優しい言葉で、背中を撫でてくれます。

私にとっては「休む」って、こんなに難しいことなのか…。
横になりながらも、いろんなことを考えて、考えて、考えすぎて、ヘンな思考のループに入り込んでいる。

家族に迷惑をかけていると感じることも、olioliで出会った皆さまを裏切るようなことをしてしまったということも…
第一関門『本当の自分を受け入れる』をクリアして、次は『罪悪感からの脱却』なのかもしれません。




0 件のコメント:

コメントを投稿