2016年3月11日金曜日

5年。



震災から5年。
わたしも、あの日々の記憶を手繰り寄せ、祈ります。

山梨からの帰り、特急の車内です。
ひと月半に一度の診察日。
震災のすぐ後体調が悪化し、父の知り合いを頼って山梨まで通うようになったので、そう言った意味でも、5年。
いろいろな思いを抱いて過ごしています。

今は、体調もほぼ良くなり、念のために診てもらっているだけなのですが、元気になって最近度々思うことは、生きているだけでいいじゃないかという、とてもシンプルなことです。

私なりに、悩み、苦しみ、自分の命の重さに疑問を抱くことさえありましたが、そんなことを思う理由はとても小さな悩みで、大したことじゃない。
だって今、元気で生きているのだもの。
大切な家族だって元気で、困るようなことなど何もないのだから。

この考えは、度々頭に浮かぶことではあったのですが、準備ができていなかったのか、「そうは言っても」と、受け入れられずにいたのでした。
ところがここに来て、機が熟したことに加え、様々な人やもの、事がらに出会い、視野が広がるにつれて、目の前が開けていく感覚になっているのです(宗教的な意味はまったくないですよ)。

言葉や思想は、受け入れる心身の準備ができてはじめて、心の奥深くに響き、自分の身(実)になっていくのだと実感しています。
震災から5年、ちょうど私の中で、「準備」が整ったのかもしれません。
そして、自分に何ができるだろうと、ずっと追い求めてきた答えを、少しずつ見つけはじめているような気もするのです。


旅のお供は、くまちゃん。
ブドウ畑を眺めながら。





0 件のコメント:

コメントを投稿