2016年1月7日木曜日

七草がゆ。





人日の節句。七草がゆを食べる朝です。
本来なら、胃腸を休めるために塩だけで味をつけるところを、食べやすく中華風に…。
結構、野生の味しますからね…七草って。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。

olioliの周りでも、七草の中のいくつかは見つけることができますが、水辺に育つセリ、田んぼに生えるホトケノザ(コオニタビラコ)、カブのスズナとダイコンのスズシロは、どうしても手に入らないので、「七草セット」を買って作りました。便利ですね〜(o^^o)
ちょこっと垂らしたごま油で香りよく、娘も「すっごく美味しい!」と喜んで食べていました。

ちなみに、ゴギョウとは、雑草の「ハハコグサ」のことです。
そう、「母子草」。
白い柔らかな産毛に包まれ、小さな黄色の花を咲かせる姿が愛らしい。
赤ちゃんに寄り添うお母さん…そんな優しいイメージで、大好きな雑草です。



0 件のコメント:

コメントを投稿