2016年1月27日水曜日

その後…。





珍しく、日誌の更新が一週間あきました。
この間、家事と畑仕事ばかりの、地味〜な毎日です…。

文鳥ギンちゃんは、あれから毎日卵を生み、最終的には4個になりました。
せっせと健気に、卵を抱いているようです。
…ようです、というのは、鳥カゴ内に設置した「箱巣」の中にいるので、様子がわからないのです。メスにとって、今はとってもデリケートな時期。覗き見は厳禁!

オスのムギちゃんは何をしているのかと言えば…
僕の家だ!と言わんばかりに、箱巣を独占し、ギンちゃんを追い出そうとするので、別の鳥カゴに引き離しました…
はぁ〜…ムギちゃん、父親の自覚なし?
でも、文鳥にはよくあることのようですから、焦らず二羽の様子を見守っています。

孵化するのは二週間後。
お母さんギンちゃん、がんばれー!



0 件のコメント:

コメントを投稿